バイアグラ体験談

バイアグラ体験談/即効性のあるED治療薬を通販で

バイアグラ体験談

バイアグラと言えば、高齢の老人が年甲斐もなく若い女性とセックスするために飲む精力剤だと思っていた私が、まさか自分自身でバイアグラ体験談を書くようになるとは、夢にも思っていませんでした。

 

勤務している会社の仕事が急に忙しくなり始めた年末の事でした。

 

私の恋人や仲間と忘年会を開催し、大いに盛り上がりました。

 

その後、いい気分のままシティーホテルへ彼女とお泊りの予定でチェックインしました。

 

ところが、彼女とベッドインしてもまったく私の息子が言う事を聞いてくれません。

 

お酒がほとんど飲めない私にとって、アルコールが原因とは考えられませんでした。

 

同僚の彼女も、「最近仕事がメチャメチャ忙しかったから、そのせいだよ」と慰めてくれました。

 

バイアグラ体験談

 

結局その夜は何もできないまま、翌朝気まずい思いで彼女を送っていきました。

 

確かに、年末の殺人的な忙しさで睡眠不足は日常化し、ストレスもだいぶ溜まっていたのは間違いありませんでした。

 

家に帰ってネットで調べてみると、年齢が若くてもストレスなどでEDになる人が増えているという事が書いてありました。

 

心配になったので、近所の泌尿科クリニックを受診してみる事にしました。

 

先生から問診を受けて、経過を報告すると、「ED治療薬のバイアグラを処方するから飲んでみましょう」との事だったので、薬局でバイアグラを出してもらいました。

 

さっそく週末に彼女とデートした際に、先生の指示通り食事前の空腹時にバイアグラを飲んでベッドインしました。

 

ベッドに入って彼女に触れた瞬間から、私の息子はギンギン状態で「今日はすごいね」と彼女もびっくりした様子。

 

バイアグラがこれほど効くとは自分でもびっくりでした。

 

その後は、費用の事も考えて、インターネット通販でバイアグラを購入して使用しています。

 

バイアグラを詳しく知るにはこちらを参考にして下さい

バイアグラ・通販

インターネットで買い物をする人が爆発的に増えています。

 

自宅に居ながらにして、自分の欲しいものをほぼ100%手に入れることが出来る便利さは、特に地方に住む人にとっては画期的なことです。

 

総務省統計局の調査によると、二人以上の世帯のうち、ネットショッピングを利用した世帯の割合は、2年連続で前年を大きく上回り、平成25年には24.3%となりました。

 

今や、二人以上の世帯の4世帯に1世帯が、ネットショッピングを利用して何らかの商品・サービスを購入しているということになるんですね。

 

バイアグラ体験談

 

平成25年のネットショッピングを利用した世帯の二人以上の世帯全体に占める割合は、世帯主の年齢が「35〜39歳」の階級が最も多く40.5%、次いで「30〜34歳」が39.4%、「40〜44歳」が38.1%などとなっています。

 

ED治療薬を購入する場合は、できれば他人に知られずに手に入れたいのが本音ですよね。

 

その点インターネット通販は、まったく他人の目に触れずに注文でき、自宅まで配達してもらえる大きなメリットがあるんですね。

 

ただ、注意しなければならないのは偽造品(ニセモノ)がネット上には多数出回っている事なんです。

 

ED治療薬で言えば、ネット上に流通している薬の55.4%は偽造品(ニセモノ)だったという調査結果もあるくらい偽造品(ニセモノ)が多いんです。

 

ED治療薬を扱うウェブサイトを見て、極端に金額が安いED治療薬は偽造品(ニセモノ)の可能性が非常に高いと言えるんです。

 

いくつかのウェブサイトをを比較して、適正な価格の「正規品」を手に入れる事が重要です。

 

偽造品(ニセモノ)を飲んで、思わぬ副作用で苦しむことが無いようにしたいものですね。

 

ED治療薬を通販で購入する詳しい方法は子tらをご覧ください

バイアグラ・ジェネリック

厚生労働省は平成25年4月に「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定しました。

 

その中で、「平成30年3月末までに、後発医薬品の数量シェアを60%以上にする」という目標を掲げ、後発医薬品の使用促進のための施策に積極的に取り組み始めました。

 

ちなみに、現在(平成25年)のジェネリック薬品の数量シェアは46.9%なんです。

 

ここまで厚生労働省が力を入れる背景には、国の財政再建策があるんです。

 

バイアグラ体験談

 

政府は6月末、経済財政の基本方針(骨太の方針)をまとめ、2020年度に基礎的財政収支の黒字化を図り、財政再建を軌道に乗せるというこれまでの政策は堅持しました。

 

この中で、社会保障の歳出の伸びを『高齢化による伸び』に相当する範囲内に抑制するため、医療・介護を中心とした歳出改革に取り組む方針を宣言しました。

 

これを受けて、薬局から出される処方薬をジェネリック薬にすることで、患者負担の軽減と医療費の抑制につなげようとしているんですね。

 

今までは、医療関係者の間で、後発医薬品の品質や情報提供、安定供給に対する不安が払拭されていなかったため、ジェネリック薬品の普及が進んでいなかった事情もあるんです。

 

ただ、この事が「長期収載品」といわれる、特許の切れた新薬を製造しているメーカーの収益を圧迫しはじめているんです。

 

なぜなら、調剤薬局がどんどんジェネリックを処方し始め、大病院内の薬局も同じように、薬剤部がジェネリック薬に切り替えを始めているからなんです。

 

いずれにしても、欧米の様にジェネリックの使用率が80%以上になるのかどうか、今後も目が離せませんね。

 

ジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい

バイアグラ飲み方

「バイアグラを飲んでもあまり効果を感じられないなあ」と言う人がたまにいます。

 

1998年にED治療薬として初めてバイアグラが発売になってから、15年以上もベストセラーを続けているバイアグラなので、効果が無いというクレームが多ければ最悪は製造中止になっているはずですよね。

 

効果を感じられなかったという人の8割以上が、バイアグラの飲み方を間違えていたんです。

 

バイアグラの飲み方はそんなに難しいものではありません。

 

「完全な空腹時に飲む」という点さえ注意していれば、ほぼ全員の方が100%の効果を実感できるはずなんです。

 

分かりやすく説明しますと、バイアグラはお酒と似たところがあって、胃の中に食物が入っていない状態で飲むと血液中に成分が素早く吸収されて、強い効果が得られるんです。

 

ところが、胃の中に食物が入っている状態でバイアグラを飲むと、他の栄養素なども吸収されてしまうため、バイアグラの成分が血液中に吸収される効率が悪くなり、「バイアグラを飲んでもあまり効果を感じられない」と言う結果になってしまうんですね。

 

「食事をしないとセックスする体力も付かないよ」と考える人も多いと思います。

 

その解決策は意外と簡単なんです。

 

空腹時にバイアグラを飲んで、完全に血液中に成分が吸収されると言われている30分を経過してから食事をすればいいんです。

 

「血液中に成分が完全に吸収される」という事が大事でなんですね。

 

ただし、バイアグラの効果が持続するのは最長5時間程度と言われていますので、飲んでからベッドに入る時間をあまり空けないように注意しなければなりません。

 

「完全な空腹時に飲む」という事を肝に銘じて、パートナーとの楽しい時間を過ごしてください。

 

バイアグラもっとを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

バイアグラ・PDE5阻害薬

バイアグラの成分シルデナフィルはPDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬とも言われています。

 

PDEとは、ホスホジエステラーゼ(Phospho Diest Erase)の頭文字を取ったものなんです。

 

PDE5はペニス内の血管平滑筋などに多く存在しており、cGMP(サイクリックジーエムピー)によるペニス内への血液流入作用を妨げてしまうんです。

 

PDE(ホスホジエステラーゼ)5はペニス内に血液を運び入れる働きをするcGMPと言う酵素の働きを邪魔するので、バイアグラの成分であるシルデナフィルでPDEの働きを阻害するんです。

 

cGMP(サイクリックジーエムピー)とは陰茎海綿体平滑筋に多くみられる一酸化窒素の細胞内のメッセンジャー分子で、 増加する事によって血管拡張物質である一酸化窒素の効果を増大させて、 陰茎海綿体平滑筋を弛緩拡張させて、 勃起の初期段階である海綿体への動脈からの血液流入を増加をさせて、 ペニスを硬く勃起させるんです。

 

バイアグラ(シルデナフィル)のほかにレビトラ(バルデナフィル)シアリス(タダラフィル)もPDE5阻害薬として、臨床使用が許可されているんですね。

 

また、PDE3阻害薬も存在しているんです。

 

PDE3阻害薬は心不全治療薬として使用されています。

 

PDE3阻害薬はcAMPを増加することにより心臓の陽性変力作用を発現させ、 強心薬として使用されています。

 

PDE3阻害薬はその他にも血管拡張作用や運動耐用能増加作用も有しており、 有用性の高い薬剤として循環器領域に広く用いられています。

 

シルデナフィルが成分のPDE5阻害薬バイアグラもっとを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

バイアグラ・インド

日本でもバイアグラジェネリックが発売されるようになりましたが、レビトラやシアリスのように特許期限がまだ到来していない薬については、海外から購入するしかありません。

 

海外の製薬会社のなかで、インドの製薬会社の存在感は圧倒的です。

 

インドのジェネリック医薬品は、価格が低いにもかかわらず高品質なので、予算が限られている「国境なき医師団」などは、使用する薬の80%がインド製のジェネリック薬で占められているほどなんですね。

 

また、医療制度の整備が遅れているアフリカなどの発展途上国において、エイズ(HIV)の問題は深刻です。

 

途上国のエイズ(HIV)の治療薬のほとんども、インド製のジェネリック薬なんです。

 

インド製のジェネリック薬品無しでは国の医療制度自体が成り立たない国もあるほど、インド製のジェネリック薬は、発展途上国の医療に貢献しているんです。

 

なぜ、インド製のジェネリック薬は品質が良い割に安価で提供することが出来るのでしょうか?

 

まず第一に人件費などの生産コストの低さがあげられます。

 

欧米先進国に比べると約55%程度の生産コストと言われています。

 

次に、インドの一流企業である製薬会社に就職するため、大学などで化学を学ぶ優秀な学生が多いという人材面での優位性があるんです。

 

また、インドの国内事情として、カースト制度の下で国民の多くが低所得者層であり、医療保険加入者が国民全体の25%程度と少ない現状から、国民の実情を考慮した政府が医薬品の上限価格を設定している為、低価格の薬が多く存在するんです。

 

インド製のジェネリック薬品は価格と品質の優位性を武器に、世界の中でも存在感を示しています。

 

品質が良く低価格のインド製ジェネリック薬バイアグラジェネリックもっとを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

バイアグラの歴史

今では「バイアグラ」と言えば、誰でも名前を知っているED治療薬の代名詞のような存在です。

 

しかし、バイアグラは誕生してまだ20年弱の歴史しかないんですね。

 

バイアグラは、最初からED治療薬として開発されたわけでは無いんです。

 

最初は狭心症の薬として、イギリスにあった「ファイザー・サンドウイッチ研究開発」と呼ばれる研究機関で研究開発されていたんです。

 

ここでは、バイアグラの成分である科学合成物質「シルデナフィル」の研究をしていたんですが、狭心症の薬としての「シルデナフィル」はあまりいい結果が出る事はありませんでした。

 

ところが、、「シルデナフィル」の試験薬を使った人たちがなかなか「シルデナフィル」の試験薬を返してこないことに気づいたんです。

 

その人たちに問い正したところ、「シルデナフィル」に勃起の促進や持続時間を長くする効果があった事がわかったんです。

 

この事を受けて、バイアグラの製造元であるファイザー社は、開発目的をED治療薬の研究に切り替えて開発を進め、1996年にその特許申請が認められ、1998年3月27日にアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されたんです。

 

その後ファイザー社は、大々的にバイアグラの宣伝を行った結果、バイアグラは世界中のEDに悩んでいた男性に知れ渡り、現在の確固たる地位を築くことになるんですね。

 

ちなみに、「バイアグラ」の名前の由来ですが、「ナイアガラ説」と「タージ・マハール説」の二つがあるんです。

 

「ナイアガラ説」は、vital(生きいきした)とNiagara(ナイアガラの滝)を組み合わせて、vital(バイタル)の活力と、Niagara(ナイアガラの滝)のように激しく流れ落ちる勢いから「バイアグラ」と命名したと言う説です。

 

一方の「タージ・マハール説」は、世界遺産タージ・マハールを作った王様には300人の妃がおり、王は精力絶倫であったとされ、タージ・マハールのある場所がインドのアグラであることから「バイアグラ」と命名したとされる説です。

 

ED治療薬の中で最も歴史のあるバイアグラのジェネリックをもっとを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください


ホーム RSS購読 サイトマップ